LINE@の導入と活用でお客さんが喜ぶ理由:2015年4月11日配信メルマガバックナンバー

目安時間:約 7分

※この記事は弊社が配信するメールマガジンをバックナンバーとしてブログに掲載している物です。

(株)Bind公式 ネットビジネス最新ニュースメルマガ【ビジネスFree】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  スモールビジネスオーナー向けネットマーケティング実践ノウハウ
 ………………………………………………………………………………………
  バックナンバーとか置いてあるブログ→ matsubaratomohiko.com
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

私は2008年から、実店舗向けにモバイルメルマガの導入支援や
運用のアドバイス、コンサルティングを行って来ましたが
昨年からは、モバイルメルマガと合わせてLINE@の導入をお勧めしています。

現在、本格的にLINE@を活用出来ているのは
例のパン屋さん1店舗だけですが
既存のモバイルメルマガに比べ「圧倒的な反応」が出ています。

この店舗はガラケーの頃から
お客さんのアドレスを集めて来ましたが
ある時、配信システムの仕様によって
「iPhoneのアドレスが登録出来ない」という状況に陥りました。

その頃、ちょうどLINE@が始まったばかりで
私はその可能性を強く感じていたので、店主に
「iPhoneのお客さんにはLINE@に登録してもらいましょう」
という提案をし、導入をしてもらいました。

まだLINE@は有料プランしか無く、
登録には非常に厳しい審査があった頃でした。

LINE@の導入でお客さんが喜んだ理由

そしてLINE@の導入を行いましたが、
驚いたのは、既存のモバイル向けメルマガを受信していたお客さんも
LINE@の方に登録をしてくれる確立が非常に高かったという事です。

また、モバイルメルマガの場合には、
相当強くお勧めをしなければ登録してもらえなかったのに
LINE@の場合は「うちのお店もLINE始めたんですよー」というだけで
とても簡単に登録してくれるお客さんが多いという点が面白いですね。

このお店は客層が30代以上がメインとなっていて
スマホは積極的に使いこなしているけれど
LINEなどのコミュニケーションツールに関しては
「使ってはいるけれどヘビーユーザーではない」という感じです。

ただ、LINE自体は非常に便利で「楽しい」と思っていて、
LINEで交流できる人が増える事を歓迎しているので
「それが店舗からのメッセージであれ歓迎」であるようです。

つまり、
「LINEを今までよりたくさん使える機会」
を提供出来るという点で
こちらの営業活動を歓迎してくれるという
非常に面白い結果が出ています。

そして、以前にもご紹介した通り、
LINE@はつい先日、いよいよ無料解放され、
個人や小規模店舗でも気軽に使用出来るようになりました。

LINE@は、LINEというインフラを使用するだけで、
やる事は「メルマガ運用と全く同じ」です。

しかし、「圧倒的に高い反応」が見込めますので
もしかするとこの先、ネットビジネス業界でも
メルマガとセットで情報発信する人が増えると思います。

私もさっそく
運営するサークルや会社ではLINE@のアカウントを作成して
どんな活用方法を出来るかテストを始めている所です。

LINE@は、PCを使わなくても
スマホでアプリをダウンロードするだけで
すぐに始められるので、ぜひ一回試してみて下さい。

そして、
もし知り合いが何かしらの店舗をやっている場合、
無理矢理にでもLINE@を導入させた方が良いと思います。

先ほどの案件も
きっと何か1個ぐらい面白いアイディアがもらえると思うので
それも、誰かにLINE@を勧める時のネタになるんじゃないでしょうか。

LINE@でガツガツ稼ぐというよりも
こんなに便利で、無料で、効果がすぐにでる物を
せめて使わないという選択は無いだろうと。

ただ、若年層がターゲットのビジネス場合、
彼らはLINEのヘビーユーザーで
平気で100個ぐらいのグループを持ってたりします。

親戚の子に聞いたんですが、今では、入学したり、クラス替えした瞬間に
誰かがLINEのグループを立ち上げ、続いて仲の良い友達のグループ、
部活のグループ、趣味が合う子だけのグループなどなど、
一週間もあれば何十個もグループが増えると言ってました。

同じ友達でも
目的別に複数のグループを使って連絡を取るので
1日のメッセージのやり取りは数百を超えて普通だそうです・・・

そういう層にお店からメッセージを送っても
どんな反応が出るのかちょっとイメージしにくいですが
上記のように、一定以上の年齢がターゲットの場合
家族とか仲の良い友達数人としか使っていないという可能性も高いです。

もしそういう層をターゲットにしているお店があったら
無理矢理にでもLINE@を始めさせた方が良いです。

お店だけに限りませんが
何個かLINE@のアカウントを触った経験があれば
アドバイスや設定、運営なんかを請け負う商売にしても良いですよね。

言ってみればLINE@コンサルでしょうか。

地方ほど効果が高いと思いますので
この点は私も含め田舎者の方が有利な気もしています。

メルマガのお申し込みはこちらから

上記のバックナンバーを読んで
このメルマガの購読価値があると思われた場合には
以下より購読をお申し込み頂けます。

以下にメールアドレスを入力しお申し込みください

メールアドレス(必須)

※プロバイダーアドレスでは、メールが受け取れない場合がございますので、
Yahoo、Gmail、Hotmailなどのフリーメールアドレスでの登録をお薦めいたします。


最近の投稿
カテゴリー
アーカイブ