ブログで集客してメールマガジン読者を獲得する方法:2014年12月25日配信メルマガバックナンバー

目安時間:約 22分

kam0011-024
この記事は弊社が配信するメールマガジンをバックナンバーとしてブログに掲載している物です。

(株)Bind公式 ネットビジネス最新ニュースメルマガ【ビジネスFree】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
スモールビジネスオーナー向けネットマーケティング実践ノウハウ
………………………………………………………………………………………
溢れるネットビジネス情報から厳選した情報をお届け
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

松原です。

今年最後のメルマガをお送りします。

まだ仕事が残ってる方もあると思いますが、
今年も1年間お疲れ様でした。

今年は良い1年でしたか?
私は最高の年でした。

来年はもっと良い1年にしたいと思います。

もちろん、
このメルマガの読者様と一緒に。

情報発信(メールマガジン)を見直す2015年

ここ最近アドセンスが面白くなってしまい
メルマガ関係の情報を全く配信していませんでしたが
私の本分は情報発信者として収益を上げる事です。

一番はメールマガジンの配信による集客や商品販売、
おまけでアフィリエイトなど。

ネットのビジネスにも色々ありますし
その人それぞれで向き不向きや好き嫌い、
環境によって何が合っているかはわかりませんが
何をやるにせよ、私は絶対にメルマガを持つべきだと思います。

このメルマガを読んでいる方の多くは
以下のどちらかを実践されている場合が多いと思います。

・サイトアフィリ(SEO、PPC、アドセンス)
・せどり

ただ、これらをやりながら
ブログやメルマガを使って情報発信をしている人となると、
そのうち1割にも満たないと思います。

とはいえ、最初のうちは
サイトならサイトの実践が忙しいでしょうから
メルマガなんて書いてる余裕が無い、というのも分かります。

でも、絶対にやるべき。

と強く言っておきます。

これまでに何度も言って来ましたが、
たとえばサイトアフィリで10万円稼げるレベルになると、
メルマガを持っていればさらに10万円稼げます。

実際には10万円どころではないと思いますが、
少なくともそれぐらいは稼げると思って良いでしょう。

せどりでも同じです。

もちろんこれは好みの問題ですから、
コツコツサイトを作るのが向いているけど
メルマガを書くのは苦手という人もいると思いますし
サイトだけで何百万稼ぐ事も可能でしょう。

ただ、せめてブログは書いた方が良いです。

自分がやっている事をブログに書き残すだけで
興味を持つ人がたくさん集まりますから
そこでアフィリエイトすれば普通に売れます。

でもですね、
せっかくブログを書くんだったら
その原稿をメルマガでも配信すれば良いんですよ。

ブログの場合、
1度訪れたけどそれっきりという読者がほとんどでしょうが
そこにメルマガの登録フォームがあって申し込みしてもらえれば
後はこちらの都合でいつでも接触できますよね。

メルマガなんて別に頻繁に書かなくても構わないです、
月に1通とか2通でも問題ありません。

ブログを書いたら、ついでにメルマガでも配信。

こんなペースだったら
何か他の事を実践しながらでも続けられると思います。

■情報発信の中心はブログ

私が8年ほど色んなネットの仕事をして来て
今さらながら思うのは
コツコツ書いたブログほど強い物なない、という事です。

記事が増えれば単純にアクセスが増えるというのもありますが、
長期間書き続けている信頼感というのも大きいです。

そして、そういうブログから集まるメルマガ読者というのは
始めからある程度の信頼関係があるので
そう簡単に解除されたりしません。

一方、無料レポートスタンドで集まるメルマガ読者は
捨てアドレスの割合いも高いですし
協賛登録で集まる読者はそもそも自分に興味が無いわけですから
質や価値で言うと、ブログから集まる読者の1/10以下でしょう。

私がメルマガを始めた頃、
なぜ他の人よりも少ない読者数で稼げたのかは
ブログをメインにしてメルマガ読者を集めたからだと思います。

当時の私のブログからは
少ない時でも月に300件、
多い月では500件ぐらいのメルマガ登録がありました。

そんな状態が1年以上続きましたので
そりゃあ反応が高いメルマガになって当然ですね。

しかし、もしあれがブログだけだったら、
収入は1/10ぐらいだったんじゃないでしょうか。

ブログでいくら商品を紹介したりセールスしても、
たとえその間にブログへアクセスがあったとして、
セールスページを見てもらえるかどうかが怪しいです。

そこがブログの弱点ですね。

しかしメルマガなら
自分のタイミングでセールスに誘導できますから
やはり物が売れるのはメルマガなんです。

もちろん、メルマガだって
開かれなかったら意味がありませんが、
だからこそ「ブログから集まった読者が必要」なんですね。

■ブログとメルマガの使い方

ここ最近の私を例に
ブログとメルマガの使い方を考えてみましょうか。

ご存知の通り、
私は先月からアドセンスを始めて、
それに合わせてメルマガを作りましたよね。

また、そのメルマガと同時に
ブログを作ったのもご存知だと思います。

ブログ
http://yac.asia/

このブログはまだ全然作り込んでいませんが
それでも最低限の機能は果たしています。

まず、1つの使い方としては
メルマガで何かを伝える場合、
文字だけではどうしても限界があります。

例えば何かの手順を伝えたい場合、
文字よりも図解の方が分かりやすいですよね。

そういう時、
たとえば私はブログにこんな記事を作って、
メルマガにリンクを貼っています。
http://yac.asia/post-237/

これによって、
メルマガ上では簡単な説明だけ行い、
「詳しくはブログの図解を見て下さい」
という案内で済みます。

これをメルマガだけで説明しようと思うと
とんでもない文字量になりますし、
そもそも読者さんのレベルによっては理解ができません。

しかしブログを併用すると、
メルマガの簡単な説明で理解出来る人はそれで良く、
初心者さんはブログを見れば解決しますよね。

これが、メルマガとブログを合わせて使う理由の1つです。

■検索からのアクセスを狙った記事

また、メルマガでは紹介していない
ブログだけに書かれた記事というのもあります。

これは、自分自身が実践している途中で、
分からない事を調べて解決できた時、
「恐らく同じ事で困る人が大勢いる」のは当然ですから
そういう事柄をブログの記事にしておきます。

たとえばこういう記事です。
http://yac.asia/post-308/

こういう、何かを解決する記事というのは
モロに検索向けの内容ですよね。

特に、上記で紹介しているワードプレスのプラグインは
人気の高いプラグインですから、利用者が多いという事は、
つまづく人が多いだろうという予測もできます。

こういう記事を少しずつ増やして行けば
徐々に検索経由のアクセスが増えるでしょう。

また、こういう手順書のような記事を作っておけば、
またいずれメルマガ上で紹介する時が来たら、
ブログに誘導するだけで説明が足りるので楽になります。

実際、このような考えで作ったいくつかの記事には
すでに検索からアクセスが来ていますので
記事数が少ないブログでもちゃんと考えて書いて行けば
順調にアクセスは増やせると思います。

■メルマガ読者の獲得

私の場合はこれがメインですね。

ブログを何のために書くのかと言えば、
メルマガ読者を獲得するためであり、
その目的がなければ私はブログなんて面倒な物は作りません。

ただし、まだ作ったばかりのブログなので
積極的にメルマガ読者を集める仕組みを設けていないので
お手本という形で紹介はできないのですが
それでも一応、メルマガ登録フォームは用意しています。

まず、一番大事なのが
メルマガの紹介ページですね。
http://yac.asia/mail-magazine/

本来はここをしっかりと作り込んで、
もっと魅力的な説明をしながら
レポートなどのプレゼントを用意すべきですので
その辺はまた徐々に作り込んで行きます。

そして、そのページが充実したら
ブログ内のあらゆる部分に目立つバナーなどを貼り、
そのページに誘導して行くという感じですね。

この辺は、
「ブログはメルマガ読者獲得マシーン」と割り切って
少々見栄えが悪くなろうがなんだろうが
目立ってナンボ、という感じでゴリゴリと行きます。笑

さらに言うと、このページをブログから独立させて
ランディングページとして公開すれば
将来的に広告経由でアクセスを集める方法も取れますね。

■メルマガバックナンバー

私の場合、メルマガを書く事が作業のスタートで、
書いたメルマガは、バックナンバーとして
ブログにどんどん投稿して行くという使い方をします。

これによって自然と記事が増えますので
アクセスが増える材料の1つになりますし
途中からメルマガの読者になった人でも
バックナンバーを遡って見る事ができるので便利です。

また、メルマガのバックナンバーが掲載されていれば、
どんなメルマガなのかを事前に見た上で、
興味を持った人だけが申し込んでくれるわけですから
読者の質としては最高の人が集まります。

たとえば直近で公開したバックナンバー記事
http://yac.asia/post-287/

このように、実際に配信された記事がそのまま読めて、
記事の最後には「次号予告」として興味を惹けそうな記載があれば、
そのまま下にある登録フォームに申し込んでもらえないでしょうか。

この流れで集まる読者さんだったら
そう簡単に購読の解除はしないでしょうし
開封率も相当高い事が予想されますよね。

これが、バックナンバーをブログに掲載する目的です。

■時間をかけてメルマガを育てるという考え方

このようにして、ブログをコツコツと書き、
メルマガ読者さんが徐々に増えて行くと
半年もすれば相当な規模と信頼感の媒体になります。

もちろんその途中で
何かセールスをしても構いませんが
私ならある程度の規模になるまでは控えると思います。

それがもし
「そのメルマガが収入源」という事であれば
少ない読者数のうちから積極的にセールスに移りますが、
サイトアフィリやせどりなど、すでにある程度の収入があれば
メルマガでは焦って収益を上げなくて済みますよね。

これも、
何らかのネットビジネスをやっている人のメリットです。

じっくりと時間をかけ、
規模と信頼感を十分に高めておいて、
あるタイミングでドカンと売れます。

たとえば、せどりやサイトアフィリで
月に5万円~10万円をキープしながら
その様子をメルマガで伝えつつ、
上記のようなブログもコツコツと更新し、
半年ぐらいでメルマガ読者が500人程度になったとします。

まぁ、ブログだけで半年で500人集めるのは
ちょっと難しいかも知れませんので
途中で無料レポートを1本ぐらいは書くと良いかなと。

それがあれば
無料レポートスタンドで数百人の読者を獲得できて、
メルマガ登録ページの魅力もアップするので登録率が上がります。

これで500人ぐらいは集められるでしょう。

こういう媒体であれば、
例えば3万円ぐらいの情報商材のような物なら
50本ぐらい売れても不思議ではないなと思います。

報酬が1万円だったら1発で50万円ですね。

サイトアフィリやせどりで
月に10万円を半年稼いだら計60万円ですよね。

それにプラスして、
メルマガで50万円が乗っかると思ったら
やらない理由は無いと思います。

そして、その頃になると
ブログのアクセスがどんどん伸びているはずなので
メルマガ読者の増加も伸びますから
さらに稼ぎやすいメルマガになって行きます。

というのは、単なる理屈ではなく、
私自身がそうやってメルマガを作って
実際に収入を作って来た方法です。

ブログとメルマガを始めて
半年後に確か約10万円ぐらい稼ぎ
そこから30万円、50万円と伸び、
ちょうど一年後に200万円を稼ぎました。

当時は色んな事が無我夢中でしたが
今は多少知識と経験がありますので
もし今から全く同じ事をやったとしたら
もっと早く成果を出せると思います。

実際、ブログの扱いは昔の経験が生きていて
今回のブログは随分早くアクセスが集まってますし
あのブログから集まる読者さんだったら
結構良い質の人が集まると思いませんか。

私が今回、ブログとメルマガを始めたのは、
こうやって1つの事例として見せたかったり、
今メルマガの個人指導をしている生徒さんがいるので
そのお手本として進めているというのが目的ではあるんです。

別にあのブログとメルマガで稼ぐ必要も無いわけですが、
それでも、例えば半年ぐらい時間をかけて
何か商品をアフィリエイトしたり売ったりすれば
売れない事は想像が出来ません。

そして、そのぐらいの段階まで来たら、
例えば数万円ぐらいの安いメルマガ広告を買って、
お金を使ってメルマガ登録ページへアクセスを集めたりすれば
一気に媒体が大きくなってさらに稼げますね。

また、サイトアフィリなりせどりで成果が伸びていれば、
例えば自分で商品を作って売っても良いでしょう。

教材でも良いし、サポートを売っても良いですよね。

これも、私自身が経験して来た流れです。

メルマガの信頼が高まれば、
読者さんは、他社の商品を紹介するのではなくて、
「あなたの商品やサービスを売って欲しい」と思います。

つまり、アフィリエイトである程度売れるようになったら、
もう他人の商品を紹介している場合ではなく、
あなた自身の商品を売ってあげるべきなんですね。

そしてもちろん、
そうなると得られる利益は10倍ぐらいになると思います。

3万円程度の教材なら
100本ぐらい売れてもおかしくありません。

30万円ぐらいのコンサルティングやサポートなら
10人ぐらいは余裕で申し込んでくれるでしょう。

と、そんな事が
たったの半年か1年後に出来ると思ったら
ブログとメルマガって凄いよね、と思いませんか。

例えば私は、
時間をかけて2万部ぐらいのメルマガを作りましたが、
途中で仕事の方向性が変わって忙しくなった事などもあって
約2年間も媒体を放置していた事がありました。

でも、それまでにしっかりと接触して来た読者さんだったので、
2年も経って急に配信し始めたメルマガにも関わらず、
なんとほとんど解除する読者様がいらっしゃいませんでした。

ただ、その時点では、
「ああ、もう解除もされないぐらい読まれてないんだな」
と思いました。

しかし、その後、
例えば無料オファーなどを試しに紹介してみた所、
500人ぐらいの方が申し込んで下さるほど
読者さんはメルマガを読んで下さっていました。

「メルマガ待ってましたよ!」
なんていうメールも、何十件も頂きました。

それが、
今お読み頂いているこのメルマガです。

今年の春、久々に配信を始め、
途中で6ブレインセミナーなどの関係で新しい読者さんも増えましたが
もう何年もお付き合い頂いている読者様ばかりです。

私は、メルマガという媒体のおかげで
今まで一体どれほど稼がせてもらったか分かりませんし
この先もずっとメルマガを使って行くでしょう。

■来年は一緒にやりましょう

来年は、
このような媒体活用方法を
がっつりと教える塾のような物を予定しています。

個別指導はもう募集しないと思いますが、
環境としては個別指導よりも充実させるつもりです。

ただし、
残念ながら全くの初心者さんは
今回の対象者にはならないと思います。

・レンタルサーバーの借り方、使い方
・ブログの作り方
・メルマガ配信スタンドの借り方、使い方
・レポートの作成方法

など、基本的な「作業」については
自分で解決できるレベルの方のみを対象とします。

もちろん、その経験が無くとも、
自力で勉強して解決出来るという方なら構いませんが
その分、時間をロスするのは間違いありませんので
その辺を気合いでカバーできる必要はあると思います。

もちろん、それらの作業についても
最低限のサポートは行うつもりですが
「このサイトを参考にして解決して下さい」
という感じが基本になると思います。

今回考えているのは、
そういう基本的なサポートを排除する代わりに
全ての時間を実践と添削、ノウハウ提供に費やし
短期間で媒体を構築してもらうというサービスです。

もし、サイトアフィリやせどりなど
何らかのネットビジネスで
月に数万円程度の収入があるというレベルの方は
ぜひ一緒に媒体を作ってガッツリ稼ぎましょう。

もちろん、ネットビジネス以外にも、
例えば士業だったり、カウンセリングだったり、
コンサル系のサービスをやっている方でも
全く同じやり方で媒体を作って売上げを伸ばせます。

まだ詳細はこれから考える予定ですが
無駄を省いて一気に環境を作ってもらうつもりです。

・リスト取りランディングページ
・ステップメール

最初からこれを作ってもらい、
その後で、その入り口となるブログを構築しつつ、
随時配信のメルマガの書き方を学んでもらいます。

これまでによくある教材や指導では、
ブログやメルマガを育てながら
徐々にランディングページや
ステップメールを構築して行く流れだと思います。

ただ、今回は初心者さんを対象としないので
「難しいけど効果が早い物」から手がけて行きます。

リストが取れるぺージがあって、
そこに自動でセールスがかかるステップメールがあれば、
後はもう「そこにアクセスを流すだけ」です。

もちろんその途中で
ランディングページとステップメールの精度を上げて行きますが
単純にはこの2つがあれば問題無いわけです。

その上で、それらを長期的に安定させ、
スポットで大きな売上げを作る事も可能にするために、
ブログとメルマガが必要だという事です。

詳しい事はまた
準備を進めながら少しずつご紹介して行きます。

実際には本当に面倒臭い作業の連続でしょうから、
コミュニティも準備しましょうね。

一人の作業ってしんどいし面倒臭くなってしまうので、
人の進捗や実績を見る事でモチベーションを保ちつつ、
真剣でレベルの高い人だけが集まる事のメリットも享受して下さい。

というか
その準備をする私のモチベーションを誰か高めてほしいです。笑

そんなわけで、
2015年はがっつりと行きましょう!

今年一年、
アホなメルマガにお付き合い頂き
本当にありがとうございました。

良いお年をお迎え下さい。

では、また来年。

メルマガのお申し込みはこちらから

上記のバックナンバーを読んで
このメルマガの購読価値があると思われた場合には
以下より購読をお申し込み頂けます。

以下にメールアドレスを入力しお申し込みください

メールアドレス(必須)

※プロバイダーアドレスでは、メールが受け取れない場合がございますので、
Yahoo、Gmail、Hotmailなどのフリーメールアドレスでの登録をお薦めいたします。


最近の投稿
カテゴリー
アーカイブ